毛深い原因(遺伝など)とその対策

 

毛深い原因(遺伝など)とその対策毛深い原因としてまず挙げられるのが、「遺伝」です。
まず、両親の両方もしくは片方が毛深ければ、明らかにそうだといえます。
むろん、それだけが理由というわけでもないのですが、やはり大きな要因の一つです。
また、両親が毛深くないのに自分は毛が濃いという場合でも、祖父母から受け継いでいる可能性もあります。
いずれにせよ、深い関係があるということです。
この場合の対策としては、「クリニックで脱毛する」「サロンで脱毛する」という方法はありますが、どちらにしてもある程度のお金をかけざるをえません。
しかし、お金をかけない方法もあります。
それは、「考え方を変える」という物です。
世の中には、毛が濃くて悩んでいる人は多く存在しています。
ですから、毛が濃くて悩んでいるのは、自分だけではありません。
また、自分より毛が濃い人も、多く存在しています。
そして、毛が濃いということもひっくるめて、好意を持ってくれる人もどこかに存在しています。
ですから、まずは毛が濃いということを受け入れてみましょう。
そうすることで、ネガティブになるのを防ぐことができます。
また、他にも毛が濃くなる要因はいくつか存在します。

「ホルモンバランスが乱れている」「食生活が偏っている」「ストレス」「生活環境」といった物が挙げられます。
もし、小さい頃から毛が濃いことに悩んでいたというのであれば、親から受け継いだと考えられますが、ある時期から急に毛深くなったなどという場合は、こういったことが要因である可能性もあります。
また、これらの要因により、もともと毛深かった人が、さらに毛深くなるということもあります。
これらに対しては、あまりお金をかけなくても対処する方法はあります。
まず、ホルモンバランスが乱れている場合は、食べ物に気を付けてみましょう。
「バナナ」「ヨーグルト」「大豆食品」「海藻類」「魚類」を積極的に摂ることで、ホルモンバランスを調整することができます。
一方、「牛肉」「牡蠣」「ブロッコリー」「キャベツ」「長ネギ」「にんにく」「ニラ」などは、毛深さを増してしまうおそれがあります。
毛が濃くなるのは、何らかの理由で男性ホルモンの一種である「テストステロン」が増えるからですが、これらの食べ物はテストステロンの分泌を促してしまうからです。
これに加えて、食生活を見直したり、睡眠をしっかりとるようにしたり、職場での人間関係などに気を付けることで、毛深くなることを防ぎやすくなります。